<↓↓↓スポンサードリンク↓↓↓>

村尾の販売について

 

村尾は鹿児島の村尾酒造で作られ、同じく鹿児島の「武岡酒店」で販売されています。

 

村尾は少人数で、しかも手作りで醸造されているため、本数が非常に少なく市場に出回りません。

 

このため、地元の武岡酒店など一部の問屋や販売店にしか卸していないのですが、最近村尾の販売が変わってきました。

 

インターネットでの販売です。ネット上にはたくさんのリカーショップが存在し、村尾だけでなく、森伊蔵魔王が販売されています。ネットショップでは、びっくりするような高値で販売されています。

 

村尾の定価は2,888円です。それがネット上では5倍以上の価格で販売されています。村尾酒造の村尾社長は村尾の高値販売について心を痛めていることでしょう。

 

他にも他の○万円以上他の商品を買えば、村尾を定価で販売しますというような抱合せ販売や他の焼酎○本に村尾が入っているというようなセット販売も見られます。

 

村尾が欲しいのに飲みたくもない焼酎も買わないといけないのです。

 

確かに電話抽選では手に入れにくいので仕方ありませんが、どうしても村尾が飲みたいのであればオークションで手に入れるのがいいでしょう。

 

ネットショップよりは安価で手に入れられるはずです。

<スポンサードリンク>

関連ページ

焼酎村尾の定価購入方法
焼酎村尾を定価で手に入れる方法を紹介します。
村尾酒造での購入方法
村尾酒造での購入方法を調べてみましたのでご紹介します。
村尾ってどんな焼酎?
村尾ってどんな焼酎?森伊蔵、魔王と並んでプレミア焼酎と呼ばれ、入手が非常に困難です。特徴についてご紹介します。
村尾を電話抽選で入手
村尾を電話抽選で入手する方法を紹介します。もちろん定価での入手方法です。